自転車通勤 雨対策

-shared-img-thumb-TSU893_saisoku_TP_V

自転車通勤をする人にとっての最大の敵…そう、雨対策。

電車通勤の人は傘をさせばいい、バイク通勤の人はフルフェイスのメルメットを被ればいい

だけど自転車通勤の人はそうはいかない。

雨が降っているときに自転車を走らせたら、顔にもろかぶりするのだ。

何?それだったら雨がっぱを着てフードを被ればいい?

じゃあ、やってみたまえ。

おそらく、走っているときにフードが取れ、たちまち顔と髪の毛は

雨にさらされることだろう。

あと顔にかかる=目開けることも困難なのだ。

さらに言うと、ブレーキの効きも悪く、

かなり滑りやすい(マンホールや側溝は本当にヤバイ!!)

なので個人的には雨が強い日は自転車をあきらめて
電車+歩きをおすすめする。

自転車通勤を始めている人の中には定期券が使えなくしてしまった方もいるだろう。

電車を使用したら電車賃がかかって勿体ないと感じてしまう人もいるかもしれない。

でも考えてみて欲しい。会社までの電車賃がどれくらいかかるかは人それぞれだと思うが

もし万一視界が悪い中走ってもし人にぶつかったらどうする?

もし相手の打ち所が悪かったりしたら、お金うんぬんより人生を台無しにすることだってありうる。それを考えたら一日の電車賃なんてたいしたことないと思う。

(それ以前にほとんどの会社で通勤手当が出ているので

実質ほとんどマイナスにはならないと思うが)

少なくても視界は確保しよう

それでも自転車通勤を選択するという方、自分がアドバイス出来ることとしたら

少なくても雨から目(視界)を守ること。

手っ取り早い方法は、つばの長い帽子を被る。オススメはこれだ!!

これを被ることによっては少なくても視界は保てると…思う。

それより下は当然濡れ手しまうが、それは会社に着いてからタオルで拭けばいい。

え、ダサくて被れない?大丈夫、大丈夫皆傘さしてるから人の顔を見てる余裕ないって。

それ以前に、顔を気にするほど容姿端麗?

あといつもより早めに出て、通常より遅めに走ること。

諸君検討を祈る!!

スポンサーリンク
下手な横好き
下手な横好き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
下手な横好き